どうも金田一です!

北海道演劇宣伝美術賞「らてるね賞」が発表されました!
http://laterne.blog.so-net.ne.jp/2018-03-10

「らてるね賞」とは、北海道演劇宣伝美術賞、つまり、北海道内の演劇の宣伝のためにデザインされて配布されているチラシ・フライヤーの中から、毎年優れたものを選び、表彰する賞です。

2017年、制作を担当させていただいた劇団Words of Heartsさんの舞台、「アドルフの主治医」フライヤーが!
なんと!
北海道演劇宣伝美術賞「らてるね賞」で大賞をいただきました!!

ちょうど事業部を立ち上げたばかりの時期に作成したフライヤーだったのですごい思い入れもあり、とてもうれしいです!
ほんとありがとうございます。

男性の横顔と戦時中の物語という世界感を多重露光で表現したフライヤーになってまして
パッと見は男性!よくみたら景色!という1度で2度楽しめるフライヤーになればいいなと思っておりました

フライヤーが他の舞台のパンフレットに差し込まれること、劇場や公共施設に置かれることを想定して、なるべくファーストタッチで目が留まることを考えて作成しております。

お芝居のフライヤーを作るたびに難しいなと思うのは、フライヤーを作成するときに台本ができていない場合があるということ。
脚本家さんと密に打ち合わせをして世界観を共有することが大前提になります。
これが難しいし時間がかかるー!

ちなみに初稿はこんな感じでした。

ホラー映画かよ

何度も打合せをして、時間をかけてフライヤーができます!

しかも!
今回の北海道演劇宣伝美術賞で最終選考に残った16作品の中にもう一つ自分の作ったフライヤーが!

剣崎薫企画特別公演「亀もしくは…。~男亀と女亀~」
2次選考まで2作品残ったなんて!ものすごくうれしいことだと思います。。。!!

1度で2度楽しめる大賞受賞です。ほんとありがとうございます!

今後とも精進していきたいと思います!!
DTPもWEBもなんでもやりますー!
なにかを作るときにはFreelyVillageを思い出していただければ!
なんでも相談のりますー!

どうもはじめまして、Freely Villageの金田一です
突然ですが、本日よりFreely NEWSを始めることにしました!

Freely Villageのコンセプトは「CREATE WITH YOU
みんなで一緒に作っていこうよー!という思いで活動しているクリエイティブチームです。
お仕事としてはブランディングをメインに、印刷物のデザインやWEBサイトの制作、WEBマーケティングを行っています。

近年、デザインに対しての理解がどんどん深まっているように感じます。
装飾と言われてきた表面的なデザインから、もっと根本のデザインに。

スマートフォンが普及してインターネットがものすごく身近になりました、興味があるユーザーは自分から進んで情報を調べる時代になったなーと。
すこし前に流行った「続きはWEBで!」というコピーがあまり使われなくなったのがその証拠かなーと思います。

パンフレットやリーフレットもWEBサイトにつなげるための動線として作成する方が増加しているなと思います。(あくまで体感です)

でも簡単にWEBサイトを作ると言っても簡単じゃありません。
いや作るだけなら簡単なんです。今はWIXやJimdoといった無料でWEBサイトを作れるところが増えました。ほんと素晴らしいサービスだと思います。

でもWEBサイトを作る人はきっと目的があって作るのだと思います。
「集客やお問合わせを増やしたい」だったり、シンプルに「めっちゃ売りたい」かもしれません。
そのために必要なものって本当にWEBサイトの制作ですか?

どんなことにも言えることですが、WEBサイトはあくまで目的を達成するための一つの手段です。

WEBサイトを作ったところで見る人がいなければお問合わせも増えないし商品も売れません、もっと戦略的で論理的な考え方をしていかないと効果は出ません。

Freely Villageはお客様と一緒に目的を達成するための方法を考えていきたいと思っております。
そのために掲げたCREATE WITH YOU

デザイン事業部と言わず、クリエイティブチームと名乗っているのは会社のような堅苦しさを抜きにして、様々な人と気軽に関われる環境を作っていきたいからです。
なんでもお気軽にご相談ください。

長くなってしまいましたが、Freely NEWSではブランディングやデザインなどのクリエイティブな情報を国内外に限らずどんどん紹介していきたいと思っております。
また、仕事で関わってもらった人や企業さん、札幌の気になるスポットもどんどん紹介していこうかなーと思っております!

これからどうぞよろしくお願いします!

FreelyVillageとは