どうも!金田一です!
福住にある自家焙煎のコーヒー屋さんCLAXONにお邪魔してきました!

去年、ロゴの制作とカラーバリエーションの制作を担当させていただきましたんですが、
打ち合わせときオープン前の内装工事中のお店は見ていたんですが、やっと!やっと!コーヒー飲みに行くことができました!

和菓子とコーヒーってあうんですね。
めっちゃおいしかったっス!!
店内の雰囲気も最高で!
めっちゃよかったっス!!

コーヒーといえば?

ロゴを制作するときに考えるのは「お客さんがそれを見てどう感じるか」
コーヒー屋さんのロゴデザインならコーヒー屋さんぽさが大事になるかなーと。
コーヒー屋さんと言えばコーヒー、豆、カップ…色々出てきますね。

でも最初、打ち合わせの段階で「コーヒー屋さんっぽくしたくない」という内容がありました。

コーヒー屋さんぽくないコーヒーのロゴ!
今だから言えますが結っっっっ構悩みました!

何度も打ち合わせをして、色々なロゴを提案させていただいたのを覚えています。

細いラインでモードなイメージのものや

 

窓から店内の光をイメージしたものや

 

いろんな人に扉を開けてほしいという願いを込めたもの等

 

その中でも飲んだ人に幸せな気持ちになってほしいという意味を込めて、Xをクローバーに見立てたものが最終候補まで残りました。

 

コーヒーの奥深さ、お客さんはわかるだろうか。

今回のロゴ制作ですが、打ち合わせのたびに色々な種類のコーヒーを飲ませていただいて、豆の産地や種類、焙煎の方法、…いろいろな要素でコーヒーの味が決まるのが面白かったです。
そのコーヒーの奥深さを伝える方法はないかと模索していました。

そこでCLAXONの店主と考えたのがカラーチャート
「コク・深み」と「すっきり」
「おだやか」と「はなやか」
この4種類でコーヒー豆を分類してそれに合わせたチャートを作る。
というものでした。

そのとき提出したデータがこちら

CLAXONのロゴが四角形ですね。

そこから色合いを調整してカラーチャートの完成。

 

形の調整をして今のロゴデザインになりました。

 

カラーバリエーションも作りやすいかなーと。

 

 

 

ちなみに

グラデーションの入ったロゴの使用機会がものすごく限られるので、制作側では「リッチデザイン」と呼んでいます。
他に2パターン制作してどんな媒体でも使える汎用性の高いレスポンシブロゴデザインとなってます。

いやーそれにしても自分の作ったデザインが使われると嬉しいですね!
ショップカードもテイクアウト用の紙コップもレシートも!

うれしくてもう!
毎回思うけどデザイナーでよかったー!!!

作ったもので喜んでもらえる、やっぱものづくりはこうでないと!
ミズモトさんがCLAXONに行った記事を書いてますのでそちらもよければ!