こんにちは!
やっと札幌もぬくくなってスケボー解禁しました!
通勤手段をスケボーにしてるんで、めっちゃうれしいミズモトです。

いきなりなんですが
サイトをみると「保護された通信」とか
カギのマークが表示されているのみたことありませんか?

これがSSL認証されているページと言うことになります。
もし、SSL認証されてないページだと。。。

「保護されていません」と表示されてしまいます。

URLの頭の「http」と「https」との違いがあります。
この「s」はセキュア(英:secure)になり、「安全である」「危険がない」との意味。
つまり「SSL認証されている」=「保護された通信」となります。

そもそも、SSLってなんやって話

SSL(Secure Sockets Layer)とは、安全に通信をするためのセキュリティプロトコルです。

インターネットができた当初は、セキュリティに配慮がほぼほぼありませんでした。

言い換えれば、第三者にデータを覗いたり、改ざんが出来てしまったと言うことになります!
怖い。。個人情報が抜かれて利用されたりしてしまうんです。。

今ってインターネットで買い物したり、お問い合わせしたり
個人情報を使うのが当たり前の時代で
第三者に覗かれたり、改ざんされるって本当に怖いですよね。。
買い物ならクレジットカードの情報まで入ってるのに。。

そーゆーのをしっかりセキュリティしようと!

ほんで、Googleさんは見していこうと!
SSL認証されてないページは検索順位も下がっちゃうと!

まー当り前っちゃ当り前の流れになって今に至ります。

「SSL / TLS」との違いは?

「SSL」と検索したら「SSL / TLS」って書いてるの見たことありませんか?
TLS(Transport Layer Security)とはなんですか?ってことですが
厳密にゆーと違いはあるんですが、TLSはSSLの次世代規格です。

現在は一般的にSSLと呼ばれてるのは、TLSのことを意味してることが多いです。
なので、「SSL / TLS」と両方を表記していることがあります。

さー!自分のサイトもSSL認証させよ!ってなって探してみると
SSLが無料で使えるのがあったり、すごい高かったりと
値段がバラバラで差がすごいある中、なにが違うん?結局どれ?
もーわからん!しらん!無料でえーやん!って自分は一回、諦めかけたことはありますw

次回は、SSLの値段の違いはなんなん?ってお話をしようと思います。

ほんなら、のちほど。