NEWS

2018.03.22

【ハイグレード合成写真】いがいにカンタン?デジタルコラージュ制作

どうも!金田一です。

FreeVillageの密かな人気サービス、コラージュ制作。
アーティスティックなビジュアル制作、やってみたいと思いませんか?

そもそもコラージュって?

いきなりでしたね、そもそもコラージュとはなんぞや。

コラージュ(仏: 英: collage)とは現代絵画の技法の1つで、フランス語の「糊付け」を意味する言葉である。
通常の描画法によってではなく、ありとあらゆる性質とロジックのばらばらの素材(新聞の切り抜き、壁紙、書類、雑多な物体など)を組み合わせることで、例えば壁画のような造形作品を構成する芸術的な創作技法である。
コラージュ – Wikipedia

バラバラなものをキリハリして一つの作品を作ることをコラージュといいます。

Free Villageのサービスにあるコラージュ制作は写真を切ってつなげて一つのビジュアルを作ります。

どう作るか

用意するものはAdobe Photoshopと素材写真。
僕はもうPhotoshopが無いと生きていけません。お世話になっております。

素材がしっかりしているとものすごく簡単です。

素材写真と

 

素材写真を

 

フンヌラバッ!

以上です!!

 

実際にやってみるとカンタンです!
ポイントは作る前に頭の中で完成イメージを作ることです。
紙に描いてもいいかもです!僕は画力がないんで描きません!

 

  • 光はどこから当たっていてどこに影ができるのか
  • 遠近感はしっかりしているか
  • メインになる対象物とその背景とのバランスはどうか

 

作る前にできるかぎりイメージを固めます。

そこから素材の選定。
イメージをしっかり固めていれば素材を集めるときにある程度の選定ができます。

注意しなければいけないことは「著作権
自分以外の誰かが撮った写真は基本許可がなければアウトです。
「バラバラにするし、キリハリするからいいべー!」ダメです!

今は無料の写真素材サイトもありますし、クオリティの高い写真は買うこともできます。
また、CC0というライセンスがあります。

CC0 とは、科学者や教育関係者、アーティスト、その他の著作権保護コンテンツの作者・所有者が、著作権による利益を放棄し、作品を完全にパブリック・ドメインに置くことを可能にするものです。CC0によって、他の人たちは、著作権による制限を受けないで、自由に、作品に機能を追加し、拡張し、再利用することができるようになります。
CC0について ― “いかなる権利も保有しない” | クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

CC0の写真を使うのもいいかもしれませんね!

自分で写真を撮るのも全然OKです!水族館と動物園は素材の宝庫です!
北海道は自然がいっぱいなんでよくカメラ持って出かけます。人工物より自然のものを組み合わせるのが個人的には好きです。

 

こんなものが作れます。

旭山動物園で撮影したフラミンゴ、月の画像、洞爺湖の水面等を組み合わせるとこんな感じ

 

鴨川シーワールドで撮影したペンギン、CC0のマッターホルン等を組み合わせるとこんな感じ
オーロラと星空はPhotoshopで作ってます

 

人の顔と水の中を合体させても面白いかもですね!

飲食店や美容室、ホテル等、非日常的な空間を彩るときに壁紙として大きく使用したり、スマートフォンケースやTシャツ等のグッズに使用したり、色々使い方ができると思われます。
ぜひ挑戦してみてください!